タンタンの裁縫教室1〜5-2019/08/17(土)

336: 以下、名無しにかわりましてVIPが実況します 2019/08/17(土) 19:23:58.09 ID:mx/WRI0D0

タンタンの裁縫教室1

~7月某日の王子動物園内、旧ハンター住宅のキッチン~

顔を寄せあい、オーブンの中を覗き込む2人

「こうしてお菓子に段々と焼き色が付いて、膨らんでくるのを見ている時ってとっても幸せを感じるわね、 シンコちゃん♪」
「そうですね~ワクワク」

ウフフ ウフフ ウフフ♪ ジュルリ… ウフフ ウフフ ウフフ♪

~~
ピンポーン
「あっ、来たみたいなの」
「誰かいらしたんですか?」
ガチャ
「タンタンさん、こんにちは あら、シンコちゃんも来てはったん?」
「ラウさん、こんにちは びっくりしましたよ」
「今日からタンタンさんにお裁縫を習うんよニッコリ」
「お裁縫ですか?」
「もうすぐアップルパイも焼き上がるから、食べながら話しましょうウフフ」

つづく

 

337: 以下、名無しにかわりましてVIPが実況します 2019/08/17(土) 19:24:57.65 ID:mx/WRI0D0

タンタンの裁縫教室2

~7月3日、シンコ誕生日会場~

タンタンの作ったドレスを受け取り、着替えて出てきたプミ

ワーワー キレイダナ シンコサンニ ソックリ
場内がどよめく

「パパ、キレイやなぁ、プミちゃん…」
「せやなぁ、ラウちゃん」
「うちのあやにも、あんなドレス着せてあげたいわ」
「じゃあ、いつもの仕立て屋呼んで作らしたらええやんか」
「うち、自分で作ってあげたいんや 今までたくさんの子供達を育ててきたけど、一度も作ってあげたことないやんかあ」
「そうか、あや喜ぶで せやけどラウちゃん、ミシン使えるんか?」
「簡単な縫い物ならできるけど、あんなドレスはとてもできへん…」
「せや、タンタンさんに頼んで教えてもろたらどうや?」
「うち、頼んでみるわ」

つづく