ばあばの純愛20〜22-2019/11/21(木)

326: 以下、名無しにかわりましてVIPが実況します 2019/11/21(木) 16:41:30.39 ID:/YvQkgTH0

ばあばの純愛20

パッ

「あっ、電気がついたね」
「明るいでしゅ」
「…あの光はまた見えなくなってしまったわ」
「本当でしゅ、どこに行っちゃったんでしゅかね プミミ?」
「きっとまだ側にいてくれてるよ さあ、元の車両に戻ろうか」

トコトコトコ
ウィーン
トコトコトコ

ガタンゴトン ガタンゴトン…

「あっ、トンネルを抜けるのかな?明るくなってきた!」

ゴゴゴォォォーーーッ

急に視界が開けてきた

「ここは地下じゃなかったのかしら?車掌さん」
「ここは地下ですよ 正確に言うと地球の中心に近い、深い深いところです」

つづく

 

327: 以下、名無しにかわりましてVIPが実況します 2019/11/21(木) 16:44:49.99 ID:/YvQkgTH0

ばあばの純愛21

ギエーギエー バッサバッサ

「でも、お空がありまちゅよ 大きな鳥さんが飛んでまちゅ」

プミは上を見上げて言った

「わかった!ここは大きな洞窟なんだね 空に見えるけど、きっとずっと上に天井があるのかな?」

ガタンゴトン…ガタンゴトン…

いつの間にか線路は木製の高架になっていて、列車はずっとずっと上の空?の近くを走っていた

ザザーッ ザブーン…ザザー…

「おとうしゃん、下も見てぇっ!大きな水溜まりでしゅ!プミーッ!」
「本当だ!もしかして、これは?…」

リーリーが新星を見つめる

「ビーリーちゃん、これはきっと海よ…私も詳しくないけれど…ねぇ車掌さん」
「そうです 世の中にはまだまだ不思議なことがありますね」

つづく

 

328: 以下、名無しにかわりましてVIPが実況します 2019/11/21(木) 16:46:15.75 ID:/YvQkgTH0

ばあばの純愛22

「…車掌さんのお顔のように?プミミ?…ボソッ」
「シッ!プミちゃん!」
「何かおっしゃいましたか?」
「ビクッ いいえ、何でも!」
「コソコソ…だって、光るおめめしか見えないでしゅ」
「コソコソ それは触れちゃいけない気がするんだよ」
「コソコソ そうなんでしゅか…ふぅん」

ガタンゴトン…ガタンゴトン…

海の上の線路を列車は進んでいく
周りには小さな島々が所々に浮かんでいた

「車掌さん、もう黄泉の国は近いのかしら?」
「もうひとつ駅に停車して、その次が終点の黄泉の国駅になりますよ」
「そう…」

ガタンゴトン…ガタンゴトン…

つづく

 

334: 以下、名無しにかわりましてVIPが実況します 2019/11/21(木) 18:26:59.30 ID:50nAzXxN0

>>328
シャンちゃん、実は車掌さんはね…ウフフひみちゅでしゅ

楽しいお話ありがとシャンです
続きを楽しみにしてましゅ

 

336: 以下、名無しにかわりましてVIPが実況します 2019/11/21(木) 18:30:35.71 ID:QVV9tsfA0
>>328
物怖じしない勇敢なプミちゃん
初めて見る世界にお目目開いてお鼻も開いて「うわぁ」ってキラキラしてる姿が浮かぶよー
今日もお話ありがとしゃんです

 

343: 以下、名無しにかわりましてVIPが実況します 2019/11/21(木) 19:41:26.70 ID:kcZQDjRm0
>>328
どんどん黄泉の国に近づいてきてドキドキ…
続き楽しみに待ってます!

 

356: 以下、名無しにかわりましてVIPが実況します 2019/11/21(木) 22:48:09.47 ID:gIrg8fQH0
>>328
空気感が伝わってくるみたい
続き楽しみにしてます

 

329: 以下、名無しにかわりましてVIPが実況します 2019/11/21(木) 18:04:25.70 ID:DAbi6sMG0
お話の中だけでもシャンが色んな世界を見られて嬉しいな