ばあばの純愛32〜34-2019/11/25(月)

676: 以下、名無しにかわりましてVIPが実況します 2019/11/25(月) 20:25:26.90 ID:2scI6Qx50

ばあばの純愛32

「ついていってみよう」

トコトコトコ

フワフワ…フワフワ…

「今度はこっちでしゅね ひいばあば大丈夫?疲れまちたか?プミミ?」
「プミちゃん、ありがとう 大丈夫よ」

トコトコトコ

フワフワ…フワフワ…

「光があのドアの前で止まったよ!おばあちゃん!」

バタバタバタ

キラキラ…キラキラ…

光は薄暗くなった辺りを照らし、一層瞬いた
表札には「川川」と書いてあった

「チュアンさん…」

つづく

 

677: 以下、名無しにかわりましてVIPが実況します 2019/11/25(月) 20:26:47.64 ID:2scI6Qx50

ばあばの純愛33

「おばあちゃん、インターホンがあるよ 押してみたら?」
「そ、そうね…」

新星は指を伸ばした

「やっぱりできないわ…勇気が出ない…もう長いこと会っていないのよ…私のことなんて忘れてしまったかもしれない…」
「そんなことないよ!そんなはずないじゃないか!」
「でも…」

ピンポーン♪ ピンポーン♪ ピンポーン♪

「あーそーびーまーしょっ!プミーッ!」
「プ、プミちゃん!?押しちゃったのかい?」

ピンポーン♪ ピンポーン♪ ピンポーン♪
「あーそーびーまーしょっ!プミーッ!」

シーン…

「留守かしら…」

つづく

 

678: 以下、名無しにかわりましてVIPが実況します 2019/11/25(月) 20:27:56.76 ID:2scI6Qx50

ばあばの純愛34

バタバタバタ

「はーい」

ガチャ

「えっ?」
「あっ、あの私のこと覚えてる?もうすっかりおばあちゃんでしょう?恥ずかしいわ…あなたは…あなたは、昔のように若いままね…チュアンさん…」

目に涙を溜めて新星は言った

「シンちゃん、シンちゃんなんだね!忘れる訳がないじゃないか!僕の愛しい人……」
「チュアンさん…」
「シンちゃん…」

川川は新星を優しく抱き締めた

つづく

 

685: 以下、名無しにかわりましてVIPが実況します 2019/11/25(月) 21:36:52.81 ID:e/2FbaeW0
>>677
プミちゃんナイスアシストだよー涙

 

680: 以下、名無しにかわりましてVIPが実況します 2019/11/25(月) 20:35:12.66 ID:VPsEK1mw0
>>678
あかん、涙腺が

 

681: 以下、名無しにかわりましてVIPが実況します 2019/11/25(月) 20:36:09.42 ID:WoVI0yVI0
>>678
じわじわと泣ける

 

682: 以下、名無しにかわりましてVIPが実況します 2019/11/25(月) 20:45:11.67 ID:O+Vs0sX40
>>678
ついに会えましたね。゚(゚´Д`゚)゚。

 

683: 以下、名無しにかわりましてVIPが実況します 2019/11/25(月) 21:16:11.34 ID:FhF6HuC00
>>678
ばあばが可愛らしすぎで泣ける

 

690: 以下、名無しにかわりましてVIPが実況します 2019/11/25(月) 22:31:20.39 ID:1rUDKUFP0
>>678
うわーん!ばあば良かったよ~(涙)

 

679: 以下、名無しにかわりましてVIPが実況します 2019/11/25(月) 20:29:59.66 ID:Qs3kycG+0
泣けまちた

 

684: 以下、名無しにかわりましてVIPが実況します 2019/11/25(月) 21:26:44.37 ID:ym9ohPZW0
涙腺崩壊