イソップ橋を渡って20〜23-2019/07/30(火)

19: 以下、名無しにかわりましてVIPが実況します 2019/07/30(火) 22:12:27.52 ID:AP4MDCIB0

イソップ橋を渡って20

「あっ、いたいた!プミちゃ……ん」
「リーくん、ダメよ」

シンコが引きとめる

「おにいしゃん…」
「何だい?」
「あたち、松平香でしゅ」
「香ちゃん、こんにちは 僕は班田といいます」

「おにいしゃん、パンダしゃんのところにいませんでちたか?」
「よく知ってるね~」
「うん、前にパンダしゃんのところで見たの もうシャンシャンのことは嫌いになっちゃったんでしゅか?」

「どうして?」
「急にいなくなっちゃったから」

つづく

 

20: 以下、名無しにかわりましてVIPが実況します 2019/07/30(火) 22:13:38.38 ID:AP4MDCIB0

イソップ橋を渡って21

「西園に異動になったんだよ 前の担当動物を見に行って声をかけるようなことは、良いこととされていないんだ」

「どうちて?シャンシャン寂しがってるかもちれないでしゅ」

「今の飼育員に懐かなくなったり、情緒不安定になったりするかもしれない
僕も新しい担当動物に早く信頼されて良い関係を作らなきゃいけないし
ちょっと難しいかな?」

「ふーん」

「異動の前には、なるべく話しかけたりスキンシップをとったりしていたけど、シャンシャンはまだ子供だから、わからなかったかもしれないなあ」

「シャンシャンのこと嫌いになったんでしゅか?おにいしゃん」

プミはもう一度聞いてみた

つづく